スズキイグニスをさまざまな点からレビューしています。

 

イグニスのサイズ感
イグニスのボディサイズは、軽とコンパクトカーのおおむね中間サイズ。

 

全幅は1660mmと5ナンバーサイズギリギリより40mmほど狭くて、背の高いパッソやミラージュというところです。

 

 

イグニス

キャスト

ヴェゼル

 

ハイブリッドX

Gターボ

X

全長×全幅

3700×1660

3395×1475

4295×1770

全高

1,595

1,630

1,605

価格

150万

151万

207万

 

 

イグニスから軽自動車のキャストに乗り換えてみると、室内は逆に広く感じるほどで、その理由はイグニスがボディの上側をスポーティかつスタイリッシュに絞り込んでいるからと思う。

 

乗った感じは良い意味で安定感がある質感の高い軽と言える。

 

ラゲッジ
ラゲッジの作りはまさに軽自動車的で、リアシートを前にスライドさせないと、ほんのちょっとしか荷物は乗らない。

 

しかし、ラゲッジボードを上に開けると、非常に深いスペースがある。

 

逆に、SUVであるホンダのヴェゼルと比べると全然サイズが違って、ヴェゼルがフルサイズのアメ車に感じるほど・・・・。

 

つまり、このイグニスは軽自動車じゃない質感の高いコンパクトSUVを求める層にとって唯一の存在と言って良い。

 

 

イグニスの競合車
あえてライバルを探すとすると、フィアットパンダやVWのcross up! くらい。

 

実際に、オシャレ感や走り、あらゆる面でそれら輸入車勢ともいい勝負かそれ以上にあるレベル。

 

 

 

イグニスのお値段ってどう?
しかし、お値段もそれなりに張る値段がついている。

 

イグニスの場合はお値段が勝負!という激安クルマではまったく無いという事。

 

 

 

 

イグニスは通好みのコンパクトクロスオーバーSUV。 

 

贅沢なクルマなのです。

 

 

 

 

サイト管理人が感じたイグニスのレビューをご紹介します!


 

 

イグニスのデザイン

フロンテクーペとセルボとエスクードとスイフトという新旧スズキのDNAを随所に散りばめたそのデザインがまず目を引くイグニス。

 

なんとなくフランス車っぽさを彷彿とさせるカラーも含めておしゃれなクルマだ。

 

現行ソリオから投入されたAプラットフォームを使っているためにボディサイズはコンパクトですが、室内はびっくりするほど広い。

 

このセグメントでは唯一のクロスオーバーSUVでアイポイントが高めだから見晴らしが良く開放感たっぷりで、身長162cmのサイト管理人もボンネットが少し見えるくらいなので狭い場所でも扱いやすい。

 

安全装備もデュアルカメラブレーキサポートをはじめとするセーフティパッケージとして用意されており、さらに4WD車はヒルディセントコントロールやグリップコントロールなどのサポートアイテムも搭載しているので冬のシーズンも安心。

 

 

運転のしやすさ

ハンドリングはスズキらしく、SUVとは思えないシャープさがポイント。

 

SUVライクにゆったりジワーっとハンドルを切りこんでいくとコーナーのRに沿って気持ちよくラインをトレースしてくれる。

 

ステアフィールはまだもう少し煮詰める余地があるが、腰高感がないので安心してワインディングロードを楽しめるのが良い。

 

パワートレイン

パワートレインは、1.2Lのデュアルジェットエンジンと小さなモーターの組み合わせで、マイルドHVではあるが、街中メイン+αの使い方ならパワー的には文句ナシのレベル。