イグニスの試乗レポート

 

新型イグニスの試乗レポート

新型イグニスの試乗に関する試乗レポートをまとめました。

 

一般ドライバーのレポートも当然参考になりますが、ユーザーの好き嫌いが大きく意見が割れてしまうので、ここはプロの自動車評論家の平等な評価を聞いてみたいと思いませんか?

 

そういうわけでこのページでは自動車のプロ自動車評論家の国沢氏のレポートをご紹介します!

 

 


それでは、イグニス試乗レポートを書いている自動車評論家のご紹介です!
自動車評論家 レポーター

 

 

 

■ 試乗レポート執筆者:国沢光宏氏のプロフィール
ベストカーの編集に携わるが退社して、現在はフリーのライターとして活動。 日本カーオブザイヤー選考委員のひとりでもあります。   国沢氏のヴォクシー試乗レポート

 

 

 


しかし、プロの自動車評論家と言うのは、メーカー等からお金を頂いて記事を書いて生計を立てている以上、どうしても本質よりも甘めに評論してしまう傾向にあるという事は忘れないで下さい。

 

 

 

 

関連ページ
プロが書いたレポートではなく一般のイグニスユーザーの口コミや評価、レビューがみたいという方もおられると思いますので、一般ユーザーのイグニスのレビューページも用意しましたので参考にして下さい。  イグニス評価・レビュー

 
 

イグニス試乗時のコツ

サイト管理人は、それほど積極的に試乗はしなくても良く、すすめられたら仕方がなく乗るくらいのスタンスで良いと思ってます。

 

よって、イグニスへの試乗体験は乗せてくれ!とお願いするのではなくて、あくまでも勧められたから的な流れで乗るのが良いです。

 

その理由とは?
販売会社が積極的に試乗させたい理由がお客さんを買う気にさせる一つの営業方法ということなのですね。

 

個人的には販売会社の周辺を一周程度乗ったくらいでイグニスについてわかることは少ないと思う。  よって、試乗したい人はレンタカーで1日間じっくり乗ることをおすすめします。

 

販売会社の狙い
「試乗に関しては無料だからいいじゃん!」 と思われるかも知れませんね。 でも試乗する時にはセールスマンがお客さんの買う気を伺ってきます。 試乗中ということもあり、ついユーザー側の本音が出やすいのをセールスマンは知ってます。

 

また、防犯の理由でセールスマンも乗ってきますが、お客さんの情報を収集するという意味合いの方が大きいのです。 販売会社によっては、免責事項などについて書かれた書面へのサインや、免許証の確認を求めてくることもあります。

 

これらがメンドクサイな〜と感じる人はわざわざ試乗する必要性が無いと思うのです。